スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の更新…m(_ _)m

最近また別口のアイドルアニメにドはまりしちゃって更新が滞っておりましたm(_ _)m

今日は久々にシャーマンネタを。

まずは「このサイトがなくては始まらない」Sherman Minutia Websiteが更新されました。

シャーマンDDについてのページは必読かと。もう一つはポーパス弾薬ソリについても注目。確かアキュリットのレジンキットがどっかにあったはず。中古で買ったクロムウェルARVの中に入ってたんで、多分そのまま倉庫に眠ってると思うw



【追記】
そうそう、T6試作戦車についても必見の更新があったのを忘れてた。

見たことのない写真ばかりでビックリするよ。おまけ的な扱いだけど「M3A1とも全然違う試作鋳造車体」には驚いた、こんなのが試作されてたなんて情報さえみたことない。


続いてはレジキャストのHot Stuffからの情報。

ずいぶん前に絶版になって改訂版が一度出たとは思うけど、国内にはほとんど出まわらなかったと記憶している BARVが装いも新たにタスカ(現アスカ) M4A2用の改造キットになって出る模様。ほとんど形になったところで落っことしちゃって部品を飛ばして紛失、そのままお蔵入りしている作りかけがあるんだけど、この改造キットを買って新規に作りなおすのもいいかもしれないと思ったり。

上構天蓋部の波切板が平面で部品化されていた旧キットで苦労した身としては、その部分をちゃんと再現した新規パーツを入れて欲しいと切に希望する次第。んー、「エッチングパーツを自分で丸めろ」とか、そういう展開は勘弁して欲しいところ。最近そういうパターン増えてるからなー、油断は出来ないかも…。
スポンサーサイト

【新製品】ドラゴン・ブラックラベルからM6A1重戦車が!

ニュルンベルクトイフェア出展情報だと思うけど、PMMSのニューキットニュースに出た!

驚天動地とはこのこと!w

M6A1_2014012923263152a.jpg
もう何も怖くないというべきか、次に来るのはコンカラーかなぁ?という夢を描いてみたり。ブラックラベルブランドは冷戦期の落穂拾いかと思ってたら、実は試作戦車とか少量生産戦車のためのブランドだったんだなぁと認識を新たにしたり。

現状の中華メーカーと「体力を奪い合う無駄な競争」を考えると、こういう「今までガレージキットメーカーすらも目を向けなかったようなニッチ」で勝負するしか無いのかもなぁ…。あんまり儲かるとも思えないけどw

同時にタミヤからナスホルンという喜ぶべきニュースも流れてきたが、個人的には「20年も待たすなよ!w」という感想。もうドイツ物からは一切手を引いてるので多分買わないでしょ。同時発表のフューエルタンカー(1/48)は立体資料として買うとは思うけど。途中まで組んだCMKの改造キット、不明点が色々と出てきて手が止まっちゃんたんだよね。そこから脱却するためのカンフル剤になりそうw

【新製品】今年も引き続き連合軍物は盛り上がるのか?

PMMSに中華メーカーの今年の新製品情報が出てたのでその辺をご紹介。ざっと見てると関連(系列?)会社であるトラペとホビーボスの微妙な住み分けが見えるようにも思うけど、厳密さには程遠くて外部から見ると両者の関係性はさっぱり分からないのは今までとあんまり変わらないなw

とはいえ、トランペッターからは食指が動くようなアイテムは全く出ないので今年もご厄介になることは無さそうなのは確か。その分ホビーボス(とメリット)からは色々と出る模様。

ホビーボス
ホワイト666 ソフトトップ
666_softtop.jpg
2013年に出たハードトップ(クローズドキャブ)に続いてソフトトップ(オープンキャブ)がキット化。こちらは後期の木製ボディも再現されていて、両方を組み合わせると「過渡期に存在したはず」のタイプも作れるという美味しさはあるが、いかんせん童友社の輸入価格が高過ぎておいそれと実行に移せないのがつらい。香港あたりから個人輸入してもやっぱり5000円前後にはなるしなかなか大変な状況ではある。

キットは基本的にかつて発売されていたPSPのレジンキットを「大いに参考にした」代物。レジンキット自体の入手が現状では難しいし2万円近い価格を考えれば、そういう商品ではあっても正直ありがたいとは思う、それでもインジェクションキットとしては充分高価だけどw タスカのシャーマンシリーズが5000円以上の売価で批判されたのが嘘のように、その値段が当たり前になっちゃったよね…。

この分で行くとバリエーションとしてブリッジエレクターも出してきそうだけどホイールベースが全然違うのでどうだろう? 年内に出る可能性は低そう。

その他にGMCのバリエーションとして
フューエルタンカー
fueltankaer.jpg
ショートホイールベースのCCKW352
cckw352.jpg
が予告されている。

ホビーボスのGMCは旧来の他社製品を「非常によく観察した」キットだけど、ちょっと現代の水準でいうと疑問符がつくような部分も多々あって、商道徳問題に目をつぶるとしてもあまりお勧め出来ないキットだったりする。クローズドキャブは嬉しいし、ショートホイールベースのCCKW352は初のインジェクション化だし、欲しくないといえば嘘になるけどねw

特にCCKW352はもしこの写真の仕様の通りにキット化されるなら、こちらも初の模型化(レジンでも出てない)のM37ガンマウントが手に入るのが喜ばしいw Masters ProductionのレジンキットでCCKW352は作ってるけど、このキットは買うと思うw

関連(系列?)会社のメリットインターナショナルからはM19 タンクトランスポーターのオープンキャブが模型化されるようだけど、クローズドキャブのあの値段を考えるとちょっとパスだなぁ…。まさにその仕様で作りかけたレジンキットがあるし、そっちを成仏させるのが先だわ。

それにしても最近の中華インジェクションキットも高いね、複数買いとかもう無理だわ、こうなってくると…。

模型は金のかからない趣味ってのが嘘になってから長いけど、さすがにここまで高価格になると「出る物、欲しい物を全部買う」のは不可能かな。もっと景気良くなってくれないかしら?w

【復帰します】復帰一発目のネタは艦これw

といっても俺は提督じゃないんで周辺情報から。



このツイートにかなりビックリした。まさにアオシマの本気を見たという感じ。

引き続き自分のツイートをコピペw







今のプラモデルっていうのは価格的な面からもキットの構成の面からも初心者に対しては以前より優しく無くなってるのは確かだけど、「だから初心者が参入しにくくても仕方がない」とそれを受容するのではないアオシマの本気っぷりに惚れた。

WLのリニューアル製品は以前に比べると非常に精緻になっていて、多分他のジャンルと比べても初心者にとってはハードルが高いのは間違いがない。でも、艦これという「入口」が出来たのを利用してガチでユーザーとして取り込みに来てるのはこの「新しい説明書」を見るだけでも充分に分かる。

とっつきやすさが違うんだよ(食いつきやすさ、でもいいw)

ガルパンが結局は聖地アニメになって(それはそれで大成功だし地元とwin-winの関係を作れたのも素晴らしい)しまって、AFV模型業界にとっては「神風ではあったけど追い風にはならなかった」のは、食いつきの良さを利用出来なかったせいかもしれないなぁと思ってみたり。

【新製品?】タミヤからガマゴートだって!?

驚天動地の新製品!w

えーっと、大塚康生さんの執念がついに実ったってこと?

ソースはPMMSで、現状では詳しいことは全く不明。

クリスマス商戦向けアイテムがこれだとしたら、凄い英断だとは言えるな…w

| NEXT>>

Twitter
最新コメント
FC2カウンター
おすすめ商品
プロフィール

なぢ

Author:なぢ
【写真はイメージです(違)】
M4シャーマンと英米ソフトスキンをこよなく愛し散財し続けた歴史を背負っていますw

大病を患ったが改造人間となってなんとか生還(違) アイマス2のプロモを見た瞬間、心底から『生きててよかった♪』 と叫んだダメ人間ぶりは相変わらず(爆)

そしてTGS2010での誰得な発表を見て、思いっ切りモチベが下がっているのを正直に告白しよう…。

だがしかし! なんとアイドルマスターのアニメ化が発表された! 本当に生きていてよかった、現代医学よありがとう!♪

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
いつも読んでいただきありがとうございます
人気ブログランキングへ
My Favorites
Amazon検索
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。