スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【M4A3E2 ジャンボ】各社比較・その2:砲塔編

外形の違いが分かりやすい上面で比較。車体と同様にこちらも大雑把な比較写真でしかないけど、これで許して下さいm(__)m

右側にあるのが「アレでナニ」なタミヤのオリジナル砲塔

タミヤ改造
tam-or_revised.jpg
タスカ
tasca_tamiya-original.jpg
バーリンデン
tam_vp.jpg
Blast Models
tam-or_blast.jpg

最後にタスカと各社比較。左側にあるのがタスカ。
タミヤ改造
tasca_tamiya-revised.jpg
バーリンデン
tasca_vp.jpg
Blast Models
tasca_blast.jpg

並べてみると各社各様だね、ほんとにw

あ、ついでに前のエントリーに書いた「タスカの砲塔の段差」ってのはこれ

tasca_turret.jpg

M2重機関銃ホルダー同士を結ぶかのように一直線になってる段差。これは多分実物には無いと思うよ…。型割りの都合でどうしても入っちゃったんだろうね。上下の合わせ目を消したらどちらにしても表面テクスチャーの再現は避けて通れないんだから、この段差もしっかり削っておいた方がいいんじゃなかろうか?


スポンサーサイト

【M4A3E2 ジャンボ】各社比較・その1

ざっくり大雑把に写真を撮ってみたのでうp。本来なら画面上で同寸法になるようにトリミング・リサイズするべきなんだろうけどそこまではやってない、というよりやれないので許してくださいm(__)m

まずはタスカのジャンボから。
【左側面】
tasca_side.jpg
【正面】
tasca_front.jpg

お次はタミヤのキット。砲塔は改造済、もう20年くらい前にやったんだっけな、これ…。
【左側面】
tam_side.jpg
【正面】
tam_front.jpg
デフカバーはオードナンス(TWS)のレジン製。

バーリンデンプロダクトのレジン製改造キット。車体下部はタミヤ。
【左側面】
vp_side.jpg
【正面】
vp_front.jpg

最後はBlast Modelsの改造セット。車体下部はその辺に転がってたFormationsのM4用(だったはず)
【左側面】
blast_side.jpg
【正面】
blast_front.jpg

ついでだから並べてみる。
【左側面】
tasca_side.jpgtam_side.jpg
vp_side.jpgblast_side.jpg

【正面】
tasca_front.jpgtam_front.jpg
vp_front.jpgblast_front.jpg

お次は砲塔編。






【簡単レビュー】ドラゴン:M2A1 105mm榴弾砲

というわけで、発売になったばかりの新製品、ドラゴンのM2A1 105mm榴弾砲を買ってきました。

ドラゴン:105mm榴弾砲

この榴弾砲の模型としてはイタレリのキットがあったけど、もう30年選手なんだよね。あの当時のキットとしてはすごく出来がいいし、今の目から見てもどうしょうもないレベルというほどではないけど、やっぱり新製品になると嬉しいよね。やっとイタレリのキットもお役御免というところかな。

さすがにドラゴンの最新製品だけあって、砲身にはアルミの挽き物(ライフリング再現!)がおごってあったり、部品分割がよく考えられてて合わせ目処理をしなくちゃならない部分はかなり少ない。防盾が薄く仕上がってるのもたいしたもんだし、突き出しピンの跡は見える部分にはほぼ皆無。

組み始めたらすぐ形になりそうだねw

キットには戦後バージョン用と思しき追加防盾とその関連パーツも含まれてるけど、果たしてこの後製品として出るかどうかはちと疑問。付加価値の付けようがないような気がするんでね。どうせだったら、タイヤも戦後型の標準のコンバットタイヤだけじゃなくて、戦時中によく見られる大直径の民間用パターンのも入れてくれればよかったのに…。 

コンバーチブルにしても何の問題もなかったように思うんだけどなぁ。ランナーにちょうどタイヤが2個分くらいの無駄な空間があるのが謎。もしかしたら、最初は計画があったのかもね。
【追加】
成型されていないのではなく、何かのパーツをランナーごと切り取った跡があった。何がモールドされていたのかすっげー気になるじゃないか!w

多分、このキットとM3ハーフトラックを組み合わせたT19自走砲が出るのは確定的だね。M7プリーストも可能性がないわけじゃないだろうけど、ドラゴンのシャーマン系列はダメダメだからなぁ、出ても嬉しくないな(汗)

とりあえずサクっと組んでも充分満足が行く出来になると思う。Masters Productionのイタレリ用戦時中タイヤを持ってれば、それを使って典型的な戦時中タイプに組むのもいいし、アカデミーやイタレリのM7プリーストにこのキットを使うのもよし。まぁ、その場合は大砲だけがシャープなディティールってのもバランスが取れなくなるから、レベルを合わせるのが大変になるかもしれないけどねw

と言うことで 星☆☆☆☆ お薦めキットです。

【資料】
105mm榴弾砲資料:タンコグラード
タンコグラード発刊の一冊。実戦写真なんかもあって雰囲気もよく分かるお薦めの資料。

105mm榴弾砲資料:zMVWS
10年くらい前に発行されたマニュアルからの転載図版満載の一冊。細部を知るにはこっちのがいいと思うけど、当時も日本にはほとんど入ってなかったし持ってる人はほとんどいないだろうなぁ…。

近々WWPからも写真集が出るみたい。

しかし、最近は連合軍関係のアイテムに関しても資料が豊富に出回るよねぇ。昔に比べるとウソみたいに恵まれてるよな。その分余計に手が止まりがちになるけどさ(汗)

【ドラゴン】M3ハーフトラック

M3A1.jpg

買ってきた。

M2ハーフトラックと同時期に開発は完了していたと思うんだけど、結局2年くらい待たされたのかな?

キットは3in1で、M3、M3A1、M3A2が組めるようになってる。部品を組み合わせれば戦地改修されたタイプも組めるワケで、チュニジア戦以後の大戦全期間におけるM3ハーフトラックシリーズが再現できるというかなりお得なキットですな。

まぁ、まだ精査はしていないので、ドラゴンの米軍ハーフトラック系列に共通する「装甲板がリベット止め」という最大の欠点が改修されているかどうかは分からない(汗)

実際には小さくて判別出来ないんだけどね。リベットサイズがスケールに正確だとわかんないよね、これ。タミヤのキットは少しオーバースケール気味なのかマイナスネジになってるのがはっきり分かるんだけど…。

で、このキットの最大の欠点は説明書。具体的にはM3A1はこう組めと指示してるページが大問題。

このまま組むと一般的な兵員輸送型じゃなくて、無線機搭載型になっちゃう…orz

資料を見ても小隊指揮官レベルで使われたのか、中隊本部レベルなのか大隊本部レベルなのか分からなかったけど、少なくとも「特殊用途」であることは確か。誰が見ても「あれ?」って思うから問題ないとはとても言えなくて、説明書の通りに作るのが正しいと思ってる人にとってはかなりマズいんじゃなかろうか?

一般的な兵員輸送タイプを組もうとすると、前のページのM3に準拠して、M2重機関銃用のマウントポストを付けず、M3A1用のガンリングマウント用補助ポストをつけ、アンテナマウントを装着しないようにすればいいんだけど、フロアに穴を開ける指示があったりして間違わないようにするには結構注意が必要だったりする。

それを実車を知らない・実車の資料を持ってない人にやらせるってのは酷だよなぁ…。

他には特に問題はないようだけど、ここだけで大幅に減点だ。

あ、そうそう、M2ではラックと一体化されて悪評ふんぷんだった地雷は、今回は別パーツでエッチングパーツ付き! この改善は素晴らしいね。出来ればM2ハーフトラックを再販する時は、このパーツを入れてほしいくらいだ。

多分買わないけどwww
(Voyagerのエッチングパーツセット買っちゃったからね、それには地雷もレジンパーツで再現されてる)

車体後部の荷物ラックのパーツも嬉しいところ。これは実際には改修パーツとして配布されたので、現地で旧型のハーフトラックにレトロフィットされてることも多いから、特定の車両を作る時にはとっても役に立つよ。ついでにいえばM3ハーフトラックは車体側面の地雷ラックなしで生産されたものが多いけど、これもまた戦地で追加装備されたりしてるのでそれを再現することも出来る。

M3A1については一般的ではない無線装備タイプが指示されているのは難点と書いたけど、逆に言えば箱の中身だけで特殊型も作れるワケで、見方によってはそれが美点という評価もありうる。ま、それは「詳しい人」限定ってことになっちゃうけどね。

箱の中身だけでいろいろと組み合わせることが出来て、面白いキットだと思う。ただ、難点は定価が5,000円近いこと。「いろんなタイプを作りたいな」って思っても複数買いがしにくいのはちょっとね…。

評価が分かれる部分もあるけど、全体としては☆☆☆☆ってところかな? 

アイドラーホイール基部がスプリング無しの初期型と強化スプリングになった後期型が組めるようになってるんだけど、中期型ともいえる細長いシングルスプリングを装備したタイプも組めるようになっていればもっとよかったんだけどね。それがあれば全タイプが組めるフルバージョンキットになっただけに、ちょっと惜しいところ。

米軍車両ファンなら必買キットとしてお薦めしておきます。

【追記】
資料についてはPMMSで紹介されています、ご参考までに。

すでに絶版になっているものもありますが、Tankogradのマニュアル集、グランドパワー、in ActionとWalk Around、New Vanguardあたりは手に入りやすいと思います。

Twitter
最新コメント
FC2カウンター
おすすめ商品
プロフィール

なぢ

Author:なぢ
【写真はイメージです(違)】
M4シャーマンと英米ソフトスキンをこよなく愛し散財し続けた歴史を背負っていますw

大病を患ったが改造人間となってなんとか生還(違) アイマス2のプロモを見た瞬間、心底から『生きててよかった♪』 と叫んだダメ人間ぶりは相変わらず(爆)

そしてTGS2010での誰得な発表を見て、思いっ切りモチベが下がっているのを正直に告白しよう…。

だがしかし! なんとアイドルマスターのアニメ化が発表された! 本当に生きていてよかった、現代医学よありがとう!♪

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
いつも読んでいただきありがとうございます
人気ブログランキングへ
My Favorites
Amazon検索
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。