スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外通販】一大トラブル発生!

今回もすでにツイッター上で呟いたネタの再録になりますが、注意喚起になるかと思いこちらでもエントリー立てました。

なんと海外通販歴十数年にして初めてカード番号の流出と不正請求のダブルパンチを喰らいました…。流出元がはっきりしていないのですが、怪しいのは直近の先週に買い物をしてイギリスの某書店です。そこ以外では最近カードを利用していないので確率は高いと思うんですよね。

カード会社から連絡があって請求段階でカード停止にしてもらったので実害はありませんが、肝心の買い物については「出荷準備中で請求前」という段階だったのでカードが止まっちゃったら出荷してもらえないという最悪の展開に!w

そんな状況を相手先に伝えて以後の四苦八苦の顛末を。

「カードが使えなかったら懐かしのIMO(International Money Order)で送金すればいいじゃないか!」と思ったのはいいんだけど、実は数年前に状況が変わっていて、一筋縄では行かないという状況になっておりました…。



















ここで相手先に直接振り込みするための口座の細かい情報を送ってもらうようにメール。必要なデータはこんな感じ、

1.Name of your bank and branch
2.Bank address
3.SWIFT code
4.IBAN code
5.Account number
(他に口座名義人の情報が必要なんだけど、これはもう分かっているので省略)

見たことも聞いたこともないような用語ばかりで四苦八苦w 結局、海外貿易に関するビジネスメール文例から引っ張ってきた。

で、その結果は


相手がこの手の直接送金による取引に慣れていたせいか、すぐに返事がもらえたのはラッキー。

月曜日に送金処理をする予定で、入金までに4~6日営業日かかるとか現代社会とは思えない程のノンビリぶりw

しかし、全くの海外通販初心者でこんなトラブルに巻き込まれて、しかも英語が全く出来ないとかだったら手の打ちようもないよねぇ…。

やっぱハードル高いんだな。インターネットが普及し始めて「おお、これで海外通販が簡単に出来るじゃないか!」とか考えるのはごくごく少数派だったってことが、またしても証明されたような気がする。代理店制度がなくならないわけだよね。
スポンサーサイト

ツイッターから2題

昨日のネタを二題。

M10対戦車自走砲を巡るモデラーの会話
http://togetter.com/li/220491

Togetterにまとめてみた。AFVクラブのM10を作りかけたのは5年前…。砲塔全部天井の面取りが違うのに後から気づいてお蔵入り。車体側面の増加装甲取り付けボスの間隔が分からなくなって、そこでも手が止まっちゃった。荷物を積んでごまかして完成させるのも手ではあるw

シャーマン道BACKLOG/A1型(丹羽さんのブログ)
2011-11-28 シャーマン者二人、ある日の会話

個人的にはデータベース化したいんだよね…。今のところタスカのキットのストックには「◯◯社製、砲塔は☓☓」というメモを貼り付けてあって、それに沿って作る予定にはしてるんだけどねw

【アメリカ車両】ふと感じた疑問

今月号のAMを立ち読みして気になったこと。高石師範がタスカのシャーマンをディティールアップしまくっているが、OVMの止め方について言葉を濁している。実際のところはどうだったんだろうか? 普通のズボンのベルトのようにベルト側に穴があってバックルの爪で止めるベルトなのか、それとも銃のスリングやリュックサックの負革のように長さが自在に調節出来るバックルがついたベルト」なのか? そしてその材質は革製なのかキャンバス製なのか?

アメリカ車両のOVMってのはフットマンループに通したベルトで縛り付けてあるだけで、ドイツ軍車両のように凝ったクランプが車両に造り付けられているわけではないというのは知ってるんだけど、じゃ、どんなベルトが使われていたのかというのがよく分からない。今までそこに注目して写真を見たわけじゃないし、戦時中の写真には、そんな細かいところ(かつ当たり前すぎて誰も気にしない)までは写ってないし…。

AM誌に掲載された各社エッチングの写真を見ると「穴開き爪止めのベルト(革製とキャンバス製)」のような表現になってるんだが、俺は「自在バックルが付いたキャンバス製のベルト」だったように思うんだよねぇ…。

アメリカ軍の事だから「幅と長さだけ指定して材質や止め方はメーカー任せ」の調達をしてた気がするし、いろんなタイプがあったのかもしれないけど。

あまりにも細かいこだわりだが、本当のところはどうなのか知りたいところだ…。

ちょいと気になったので

かなり凄いブログ発見⇒絶版プラモデルやじ馬考古学・ボックスアート美術館(なつかしき50?60年代アメリカプラモの世界):http://blog.goo.ne.jp/prinzougen2

全てを手元に所有しているわけでは無さそうだが(もしそうだったら平塚さんを超えるよ!w)、切り口がなかなかユニークで面白い。

ハセガワ/フロッグのキットはその昔結構買ったし、ポストホビーでバイトしてた頃はノボのキットを叩き売ってたw バーゲンの目玉商品だったんだが、アイテムがマイナーすぎるのか余り売れなかったっけなぁ…。

フランスってこんなに現存車輌があるのか…

昨日発見したページも素晴らしかったが、こっちの Tanks in Franceというページはもっと凄い! 凄いというより「驚愕」が形容するには相応しいだろうな…。

多分フランス全土に点在する現存車輌全てが扱われてるんじゃない、これ?

まだ「空白地帯」があるみたいだけど、それはただ単に「見に行っていない」だけで、そこにも沢山残ってるんだろうなぁと思わせるに充分だ。

ダウンロードソフトを走らせて全ページ落としちゃったのは言うまでもないw

ああ、リンク先を見てたら「オランダに現存するシャーマン」だの「インドで展示されているBARVやクラブ」といったレア物まで発見した。

今後シャーマンを語る時にはこのサイトから仕入れた実車情報は欠かせなくなるね、「◯◯に現存する××は△△という特徴が云々」みたいにさw

個人的にはTnaks Heavenが無くなってしまったのを補って余りあるサイトを発見したっていう感じだなぁ、まだまだ世の中には凄いサイトがあるのかもね、知らないだけで。インターネットって便利ですねw

| NEXT>>

Twitter
最新コメント
FC2カウンター
おすすめ商品
プロフィール

なぢ

Author:なぢ
【写真はイメージです(違)】
M4シャーマンと英米ソフトスキンをこよなく愛し散財し続けた歴史を背負っていますw

大病を患ったが改造人間となってなんとか生還(違) アイマス2のプロモを見た瞬間、心底から『生きててよかった♪』 と叫んだダメ人間ぶりは相変わらず(爆)

そしてTGS2010での誰得な発表を見て、思いっ切りモチベが下がっているのを正直に告白しよう…。

だがしかし! なんとアイドルマスターのアニメ化が発表された! 本当に生きていてよかった、現代医学よありがとう!♪

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
いつも読んでいただきありがとうございます
人気ブログランキングへ
My Favorites
Amazon検索
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。