スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目と肩が大変なことになる自作部品(汗)

今作ってるGMCのバリエーションの一つ、F3フューエルタンカーの燃料移送パイプを自作してるんだが、各部の取り合いの都合上「内径1mm前後で機能するエルボ」を自作する羽目になった…。鉄道模型や自動車模型のディティールアップパーツにもそんな部品は存在しないようなのでね。

結局は内径1.2mm・外径1.6mmのエルボをエバーグリーンのプラ棒から自作した。熱加工してほぼ直角に曲げてから両端にピンバイスで穴を開けるという極めて原始的というか、昔ながらの方法を使ったのだが機能するエルボが手に入ったからそれでよしとしよう、当初の目論見よりは一回り大きくなっちゃったけどねw

都合3つ自作したけど、よく見るとばらつきがある…。寸法を追って作ったわけじゃなくてカンだけが頼りの手作業だから仕方ないよな、うん。

実際はこんな感じ

elbow_02.jpg
熱加工して黒く焦げた跡も生々しいw ライターで炙って曲げただけの話だけどね。適当な寸法で切断した後に穴開け、仕上がり寸法で内寸1.2mm。熱加工したら多少太くなったので外径は1.6mm以上あると思うけど、まぁ許容範囲ということで。

elbow_01.jpg
両端に穴を開けた後に1.2mmプラ棒を突っ込んでみた。穴の深さが1mm前後はあるのでロッドの仕上がり寸法を厳密に追わなくてもいいようにするとうい当初の目論見は完遂されているw 3箇所の曲げがある棒状部品を「一発で仕上がり寸法に曲げてみせろ!」なんてのは無理な話しだし、治具を作るのだってかなり大変だからエルボを作るという今回の方法が一番楽だったのは間違いないね。

目と肩には負担がかかったがw

スポンサーサイト

Twitter
最新コメント
FC2カウンター
おすすめ商品
プロフィール

なぢ

Author:なぢ
【写真はイメージです(違)】
M4シャーマンと英米ソフトスキンをこよなく愛し散財し続けた歴史を背負っていますw

大病を患ったが改造人間となってなんとか生還(違) アイマス2のプロモを見た瞬間、心底から『生きててよかった♪』 と叫んだダメ人間ぶりは相変わらず(爆)

そしてTGS2010での誰得な発表を見て、思いっ切りモチベが下がっているのを正直に告白しよう…。

だがしかし! なんとアイドルマスターのアニメ化が発表された! 本当に生きていてよかった、現代医学よありがとう!♪

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
いつも読んでいただきありがとうございます
人気ブログランキングへ
My Favorites
Amazon検索
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。