スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また模型の価格についてまとめてみた

今回のネタは「中華キットの値段高騰の理由」について。

【結局は】中華製プラモデル価格高騰の理由は?【経済要因】

前回同様、各種経済指標の推移だけで分析した。今回は円ドル相場と中国のGDPの推移という2つの数値だけを使った。極めて概略的で単純化してるが、多分間違ってないと思う。

「単純計算で3年間でほぼ2倍」になってりゃ、そりゃ猛烈に高くなったと感じても当然だよなぁと、そんな結論でした。
スポンサーサイト

【昔語り】ポリパテはロストテクノロジーだった

今は模型作りに無くてはならないマテリアルの一つ、ポリパテ。

模型界に定着したのはガンプラブームのさなか 1980年代前半くらいのはずだけど、模型業界に初めて導入されたのはずっと昔の1973~1974年頃。

当時HJに掲載された広告写真がこれ。正確には1973年の4月号。
nice_putty.jpg
発売元は今はトイガン・トイRC専業メーカーになっている東京マルイ。
(東京マルイもかなり面白いメーカーなんだけどあまり詳しく知らないのでエントリー立てられないな…)

チューブ入ではなくガラスビン入り。当時自分も買って使ったことがあるから覚えているけど、同年代の人間に聞いてもあまり知っている人はいなかった…。

硬化時間が速くほとんど肉やせしないという従来のプラパテ(レベルパテ、この頃はまだチューブ入りの白いのしかなかったんじゃないかな?)とは全く違う便利極まりない製品だったのにもかかわらず、当時の模型雑誌では全く取り上げられなかった。

この製品、使えば分かる便利さはあったけど「ビン入り」というパッケージングにかなり問題があって使い残しておくと短時間でビンの中で固まっちゃったんだよね…。「大量に盛りつけて大改造やスクラッチをする」という用途でもない限りはたいてい開封して一度使えばそれっきりというのでは、欠陥商品といってもいいよなw

多分業務用ポリパテをビンに小分けして売ってただけじゃないのかな? 当時の事だから自動車補修も自分でやるとかの習慣もなかっただろうし、自動車修理工場向けの一斗缶でしか販売されてなかったとかねw

そんなこんなであっという間に市場から消え失せたのは、発売当時は大改造とかスクラッチとかが一般的じゃなかったというのは理由の一つだろうけど、その後にも「ポリパテ」というマテリアルそのものが全く注目されていなかったように思う。結構スクラッチとか一般的になりつつあった時代でも「バルサ削り出し」がデフォのテクニックとして紹介されてたもんね。

せっかく70年代前半にデビューしながらも1980年代初頭のガンプラブームが来るまでポリパテというマテリアルの存在は模型界には全く広まらなかったという、そんな昔話でした。

ガンプラブームで陽の目を見たポリパテも最初は自動車補修用の物を流用してて(どこのメーカーの物が使いやすいかとか記事に書いてあったw)、ワークのモリモリが出るのはその数年後、1985年前後ではなかったかと記憶。エポパテもそのちょっと後でデビューしたんじゃなかったかな?

【追記】
マルイのナイスパテではなく「プラスパテ」と覚えていて、古いHJのバックナンバーをあさって広告を確認。その辺の顛末についてのツイートがこちら↓


正直、遅きに失した感あり…

「ホビーショップに行こう!」キャンペーン By タミヤ

身の回りから「街の模型屋さん」がどんどん消えて行っている今の時点でこれをやってもなぁと正直思う。大規模店と通販ですっかり流通形態が変わってしまったんだよね、そのせいで模型屋さんが消えたってのもあるだろうけどさ。

どうせやるなら10年前、せめて5年前くらいにやって欲しかったように思う。新橋や横浜にアンテナショップを作るよりこっちをやってた方がよかったかもよ?

少なくともウチの近所(歩いたり自転車で行ける距離)にはもう一軒も模型屋さんはありません…。

雑想録

いろいろとソースの無い雑想をとりとめもなくつらつらと。

AEC祭りってのも面白いな。
SKPのドチェスターだけじゃなくてアキュリットアーマーのAECマタドールやAEC装甲車も作ってみるってのは楽しいかもと倉庫から掘り出してみたりいろいろとググってみたり。アキュリットアーマーのキットはちょっと古めで成形状態がグダグダすぎて「何も好きこのんで苦労する必要はないじゃないか…」と思ってしまったりw

「比較的簡単に組める良いキット」とか書いてあるブログを発見して、驚愕してみるなどw

いや、レジンキットだから個体差があるとはいえ、俺の持ってるのは荷台の幅と屋根の幅が4mmも違って、どうやったって「簡単に組める」ような状態じゃないんで…orz

で、こっからは妄想レベルの話になるんだけど、もしかしたらAFVクラブがマタドールや装甲車も出すかも知れないと思ってみたり。ドチェスターを含めたこの3車種は基本的なシャーシーコンポーネンツを共有しているんだから、どうせ金型起こすなら有効利用して欲しいところだ。AEC装甲車は知名度が無いのでちょっと難しいかも知れないが、イギリス軍の重砲牽引車で一番有名とも言えるマタドールは出しそうな気がするんだよね。牽引車を出したら次はAFVクラブお得意の大砲への展開も可能だしw 5.5インチ野砲や3.7インチ高角砲なんてインジェクションで見てみたいよね。

いまだに30数年前の資料が一番まとまってるって…
ドチェスターやAEC装甲車について調べようとすると1977年にHJで連載されていた大塚康生さんの記事が必須だっていう状況はなんとも言えん気分になる。日本語で読める最良の記事が今も変わらず「それだけ」って状況なんだもんなぁ…。一連の連載は最終的にはイギリス軍にとどまらリンクススカウトカーとかCMPの装甲トラックまで取り上げて、カナダ製装甲車まで含んだ「英連邦の装甲車」という体裁になったんだけど、基本資料として実によくまとまってるんだよねぇ…。

「こういう装甲車があるんだ!」ってのをその記事で教えられて病膏肓に入ってしまったってのもあるんだけどさw

最近になってモノグラフがいろいろ出てはいるけど「日本語で読める解説」で一番詳しいんだよね。35年間アップデートもリプレイスもされてないのに燦然と輝く記事ってすごいよなぁ、たとえそれが「イギリス軍の装甲車は人気がない」からだとしてもさ。
(果たして今の模型誌の記事でそれだけの間生き残れるものはあるのかな?って考えると…)

つか、最近の英軍アイテムの充実ぶりを考えると、ようやく時代が追いついたってことなのかもしれないね。あまりにも先進的すぎたのかも知れない…。

スキャナーがぶっ壊れちゃってるんで紹介記事が書けないのが残念。

物欲顛末記w

R&J Enterprisesとの一件は「在庫ないよー」で終わったけど、もちっと追記。

レジキャストの古いシャーマンDD、ググってたらe-Bay インドネシアに出品されてるのを発見! いくらなんでも落札まではしなかったがw、アンテナを張り巡らせておけばいずれ引っかかる可能性もあるかも?とは思った。値段が思ったより高かったな、それは。

まぁ、古い絶版になったようなレジンキットでも手に入れる方法は皆無ではないよね、今の時代は。それが恵まれてるかどうかはまた別の話だけどさ。

レジキャストに問い合わせたのはM4A1 ビッグハッチのDD。これは今でも手に入るけど、「近いうちに改訂版だすから、そっちをおすすめ」と言われたのね。その「近いうち」ってのが年内なのか来年なのか分からないけど、とりあえず信じて待つつもりではある。多分その頃には他にも欲しいアイテムが発売になってるだろうから一緒に頼もうという目算もあるしw

ついでに「古いM4A4ベースのDDやらフローティングスクリーン付のDDも改訂版を出して欲しい、今ならタスカ用の改造キットになるかも?」と要望も伝えておいたw シャーマン・クラブやARVは当初はフルキット(注型状態が酷かった時代)からドラゴン用の改造キット、そして今はタスカ用の改造キットと変遷してきた歴史もあるし、可能性はあると信じたい。要望が実現すりゃいいよね。

あ、そうそう、最近またも改訂版が出たシャーマン・クラブは基本的にチェーンがメタル製からレジン製に変わっただけみたい。SBGブリッジは強度アップのためにアップデートしたパーツ多数とエッチングが付属するようになったとのこと。とりあえず「その新規の部品だけ売ってもらうわけにはいかない?」とメールしちゃったよ、図々しいヤツと思われたかもしれないなw

| NEXT>>

Twitter
最新コメント
FC2カウンター
おすすめ商品
プロフィール

なぢ

Author:なぢ
【写真はイメージです(違)】
M4シャーマンと英米ソフトスキンをこよなく愛し散財し続けた歴史を背負っていますw

大病を患ったが改造人間となってなんとか生還(違) アイマス2のプロモを見た瞬間、心底から『生きててよかった♪』 と叫んだダメ人間ぶりは相変わらず(爆)

そしてTGS2010での誰得な発表を見て、思いっ切りモチベが下がっているのを正直に告白しよう…。

だがしかし! なんとアイドルマスターのアニメ化が発表された! 本当に生きていてよかった、現代医学よありがとう!♪

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
いつも読んでいただきありがとうございます
人気ブログランキングへ
My Favorites
Amazon検索
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。