スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【撮影スタンド】14,490円 VS 1,000円!

昨日、タミヤの新製品情報で発見、ポータブル撮影スタジオ→詳しくはこちら

まぁ、さすがにタミヤの製品だけあって作りはよさげで便利そうだけど、いかんせんそのお値段・14,490円にはビックリ! 通販ショップで買えばもっと安くなるだろうけど、それでも1万円切るのはかなり難しいんじゃないかと思うんだよね。

さてそこでw

この前デジカメを新規購入したのに合わせて「段ボール箱とアルミ箔から自作した」総予算1,000円wの撮影ブースを紹介しちゃうw お笑いだよねぇ、比較すんなっての(爆)

基本的には「模型の花道」さん【模型を撮影してみる・自作ライティングボックス編】を参考にさせていただいてます。

この場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m

まずは格納状態w
photo_booth01.jpg
折りたたんで、これまた自作のレフ板(段ボールにアルミ箔を貼っただけ)と一緒に紐で結んでありますの。厚みが5センチもないのでしまうのも簡単♪

photo_booth02.jpg
紐を解くとこんな感じ。レフ板は余った段ボールで適当に作っただけなので、大きさに多少の不満はある。まぁ、また作ればいいだけの話しだしね。

photo_booth04.jpg
組み立て開始♪

photo_booth03.jpg
各部の固定にはマジックテープを使用。こいつが一番高かった! 確か1セット315円!(爆) 
このマジックテープが2セットと背景用のラシャ紙、クリップを合わせて総予算ちょっきり1,000円だったw

photo_booth05.jpg
組み立てるとこんな感じ。左右内壁にはこれも反射を高めるためにアルミ箔を貼りつけてあります。

photo_booth07.jpg
背景になるラシャ紙をクリップで止めて準備完了。背景色を変えたければ色違いのラシャ紙を使えばOK。この写真だとシワが見えているが、実際の撮影では照明も強いし、露出とシャッタースピードをマニュアル設定するのでほとんど写り込まない。どうしても気になるなら布に変えれば大丈夫だと思う。布については日暮里繊維街にての購入をお勧めします(爆)
(地元なもんでちゃっかり宣伝…)

上面が開いててトレーシングペーパーなどを張るようにはなっていないが、この撮影スタンドを衣装ケースを流用した塗装ブースに入れて撮影するので(スペースの関係で、そう出来るように設計・製作したw)、半透明の材質を通して照明が拡散するため、わざわざ設置する必要がないワケ。ただ、光の透過量が少ないような気もするので、将来的にはやり方を変えるかも知れない。

なんかエントリーのタイトルで意気込んだ割にはショボい記事になっちまったなぁ、わざわざ紹介する程のもんだったのか?と激しく疑問を感じつつ、終わるw
スポンサーサイト

Twitter
最新コメント
FC2カウンター
おすすめ商品
プロフィール

なぢ

Author:なぢ
【写真はイメージです(違)】
M4シャーマンと英米ソフトスキンをこよなく愛し散財し続けた歴史を背負っていますw

大病を患ったが改造人間となってなんとか生還(違) アイマス2のプロモを見た瞬間、心底から『生きててよかった♪』 と叫んだダメ人間ぶりは相変わらず(爆)

そしてTGS2010での誰得な発表を見て、思いっ切りモチベが下がっているのを正直に告白しよう…。

だがしかし! なんとアイドルマスターのアニメ化が発表された! 本当に生きていてよかった、現代医学よありがとう!♪

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
いつも読んでいただきありがとうございます
人気ブログランキングへ
My Favorites
Amazon検索
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。