スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【7thライブ】行ってきた♪【みんなといっしょに!】

7th_live.jpg

1ヶ月以上更新がご無沙汰になってて、その上で久々のエントリーが2週間前のアイドルマスター・ライブのネタでほんと申し訳ないm(_ _)m

いやもう、すごかった&素晴らしかったとしか言いようがなくて、まだその多幸感を引きずっているというw

第25話放映時の告知で全員参加というのを知った時点でライブを見ないという選択肢はすでに無かったんだけど、行ってみたらこれがもう本当に素晴らしくて、4時間のライブが本当にあっという間でもっと聞きたいのに、見たいのにと思った。

どんなもんだったかというのはこちら↓を参照して下さい。

765PRO ALLSTARSが勢揃い!
「THE IDOLM@STER 7th ANNIVERSARY 765PRO ALLSTARS みんなといっしょに!」6月23日(土)公演レポート


あ、俺が行ったのは24日の公演だったけどセットリストとかは基本的に同じものなので雰囲気は充分に伝わるかと。

アイドルマスターを知ったことで色々と「初めての経験」をさせてもらってるなぁと今さらながらに思ったり。

まさかこの年になって「声優さんのライブでサイリウムを振る」ことになるとはw まぁ、俺より年上の松PPがいるんだから許されるよねw

事前情報で沢山持ってたんだけど割り振りを間違えて(初体験だからちかたないねw)足りなくなったり余ったりw

4時間の間ほぼ立ちっぱなし(ガミPがシャイニーフェスタを紹介したコーナー以外はずっと)のサイリウム振りっぱなしってどんだけだよw その割に疲れなかったのが不思議。前日まで腰痛で唸ってたんで鎮痛剤を倍飲み(無茶しすぎ)してったんだけど、その必要もなかったみたいな…。

とにかく「声優さんの余技」というレベルではとても収まらないすごい公演でした。まさに本物。その辺についてはあさぽん(下田麻美さん)のブログを読んで納得。

作品のライブには、当然ですが、作品のファンの皆さんがきてくださいます。
私も子供のとき好きなアニメ、声優さんがいました。そんな私にとって、その声優さんは、キャラクターそのものだったのです。もちろん、性格も見た目も、全くの別人。同一人物ではないことは理解しているのですが、それでも、一番キャラクターに近い人物なのです。
子供のとき声優さんに会ったことはありませんでしたが、きっと会えたら、『わあ!○○だ!○○の人だ!』って感動したと思うんです。
"

うんうん、そうだったんだ!と膝を打った。

もう一人、ミンゴス(今井麻美さん)のブログも紹介。

こちらはまさに「千早が降りてきた」って感じ。

実際、ステージを見ていて「千早だ、これ…」と思ったし、第20話のあのシーンを思い出して実に感動した。

アイドルマスター2が出るのを知ってXBOX360を買い、ゲームをやり倒し、アニメを全部リアルタイムで見て(仮眠までして!w)、PS3版が出ると聞けばPS3本体を買い、ブルーレイディスクが見れる&ゲームが出来る環境があるからといいG4U!パックを全巻買い揃え、しかもライブに行ってサイリウムを振りまくってしまう。これがこの1年半で我が身に起こったこととはちょっと信じられない思いがするw
(ただのバカだな…)
スポンサーサイト

【アイドルマスター】第25話「みんなと、いっしょに!」【最終回】

大団円を迎えたアニメ・アイドルマスターの最終回「みんなと、いっしょに!」をお気に入りのシーンで振り返ってみたい。とにかく全編が見所とも言える回で、もう何回見なおしたか分からないw
(この記事書くために動画切り出しツールを導入したのは言うまでもないw)

stage_000000.jpg
stage_000001.jpg
stage_000002.jpg
控え室で春香がいなくなったことに気がつく千早。もう「自分のことだけで精一杯な子」じゃないんだよね
stage_000003.jpg
stage_000004.jpg
春香と美希の会話を聞いている千早。春香と美希の会話が素晴らしいのは言うまでもないが、それを聞く千早の距離感が絶妙。

stage_000.jpg
社長の言葉を聞く春香。「そうだ、プロデューサーさんはいないんだ…」
stage_001.jpg
美希の「ハニー!」の声に反応する春香。
stage_002.jpg
stage_003.jpg
プロデューサーが入室したのを見る春香、千早の手が後ろに回されてる…。
stage_004.jpg
stage_005.jpg
他のみんなは駆け寄ったのに、一歩が踏み出せない春香。そしてその背中をそっと押す千早。たった数秒のシーンなんだけど二人の絶妙な関係を描き出してる、泣ける。

stage_006.jpg
stage_007.jpg
プロデューサー:「頑張ったな」 その一瞬の表情の動きとセリフじゃない声の演技。もうこれだけで第24話の後半のグダグダが許せたよw

そして きらめくステージ へ!

READY!!&CHANGE!!!!


stage_008.jpg
stage_009.jpg
stage_010.jpg
stage_012.jpg
stage_014.jpg
stage_015.jpg
stage_016.jpg
冒頭のステージから客席を見たカットで涙腺崩壊。ゲームでは絶対見られないステージの回り込みシーンの素晴らしさ、アニメーターが何人死んだことやら…。

『いつまでも、どこまでも』 【アイドルマスター】

最終回でも新曲!
この曲はリッちゃんも含めた「765プロのアイドル全員」の歌というのがもうね…。
そうそう、ステージに向かうりっちゃん、実にノリノリであるw
stage_017.jpg

そしてエンディング、みんなでお花見w
「超売れっ子になった彼女たちがみんな揃ってお花見なんてありえない」なーんて言ってはいけないw
stage_000005.jpg
このかわいいお弁当(なにげに手が込んでるw)を作ったのは誰かな?
stage_000006.jpg
千早でした!w 美希と春香のOKサインよりも響に注目w

stage_000008.jpg
stage_000009.jpg
そして最後の最後に映る千早の部屋の様子。光があふれんばかりの明るい部屋と弟との写真、お絵かき帳、そして春香がそれを持ってきた時の封筒。
もしかしたらアニメのアイドルマスターは千早の再生の物語だったのかも知れない…。

こうして半年に渡るアニメのアイドルマスターは終わった。本当に素晴らしい物語だった。
始まった時は「おなじみアイドルマスターのメンバーが楽しくワイワイやるアニメ」になるかと思ったら、後半の展開が重い重い…。そして最終回のカタルシス。

錦織監督を始めとするスタッフの皆さんにはいくら感謝してもしきれない、本当に素晴らしい物語をありがとうございました!

アイドルマスターが好きでよかったと心底思う。そしてこれからもずっと。

【追記】
本編終了後に

これが流れた時は驚愕しつつ歓喜の声をあげちまったw

アニメとリアルのシンクロだもの…。

「アイドルマスターは中の人をひっくるめて一つのコンテンツ」をいうのを今更ながら実感した。

ライブ、行きたいな。

【アイドルマスター】第24話「夢」【ネタバレ&愚痴】

【結論】:ジュピターはやっぱり全然いらない子!

ほんとにもう勘弁して下さい…。

アニメスタッフがジュピター&黒井社長になんらのシンパシーも思い入れも感じてないのは、これまでの流れを見ればよく分かる。にも関わらずこの重要な話にまでしゃしゃり出てくるとはディレ1こと石原ディレクターのゴリ押しとしか思えない…。

そんなにジュピターが大好きで961プロにご執心なら、彼らを主人公にしたゲームでも作ってくれよ…。

「プレイヤーは黒井社長になって765プロ所属アイドルだけではなく876プロのアイドルや新幹少女にいろんな嫌がらせをする。その嫌がらせでアイドルのモチベを下げるとジュピターのイメージレベルが上がって、オデやフェスで勝てるようになる」

そんなゲームがいいんじゃねーの? 誰もやりたがらないだろうけどな、そんな歪んだ精神を体現したようなゲームは。


ここまでは放送当日怒りに任せて勢いで書いた分w

何が不満って、アニメの中では描写が少なくてキャラが薄っぺらくて「こいつらなんだかよく分からない」ジュピターの冬馬が春香の気づきのきっかけになったってのが何より気に入らない。

22話の終盤から23話をまるまる使い、その上で24話のAパートの「メタ構成(劇中のミュージカルのセリフはその時の春香の思いそのもの)」までやっておいて、これはいくらなんでもないんじゃないの?というのが正直な感想。

春香の悩みってそんなにちっぽけなのかよ、安っぽいのかよ!という怒りだな…。

Bパートで千早が行動を起こして(ここの描写とかは好き)「事態が変わっていく」のなら、そこを中心に描けばよかったのにね。みんなの「説明的セリフ」にはちょっと違和感はあったけど、それは時間の足らなさがそこにしわ寄せされたんだろうし、かなり作劇として無理やり解決させるしか無くなっちゃった構成上の問題だと思うんだよね。

だとするなら余計に「いらなかった」ということになっちゃうんだよな…。

第16話の響回もグダグダにしてくれたし、本当に全くいらない存在だったなぁ。ゲームならスキップすりゃいいんだけど、アニメだとそうもいかんからね、心の底から迷惑な存在だったわ、連中…。

【アイドルマスター】癒し動画

第23話の春香ショックを引きずりっぱなしで、「全てがこの23話に繋がっている」と思うとアニメは見返せないし、ゲームで無邪気に微笑む春香をまともに見れないしで大変困った状況に陥っているわけだが、この動画を見てだいぶ心が癒されました。

【im@s2×L4U!】自分REST@RT プレイ動画風


XBOX360のコントローラーを手にすると一層楽しめるw

それにしても第23話がこんなに刺さってくるとは思わなかった…。

Twitterには

プロ意識に欠ける甘ちゃんとして描かれた春香が、周りに気を使わせた挙句に自爆した」みたいに見えるから余計にツラいんだということに気づいた。しかもそれって従来の「みんなで一緒に頑張る」とか「団結」とかの、アイドルマスターのテーマそのものへの挑戦・否定にも感じられてゾワゾワするんだ。

と書いたんだけど、「そりゃねーだろ、重荷を全部春香に背負わせたようなもんじゃん…」という思いね。

来週の第24話だけで解決させるとしたら相当アクロバチックな展開が必要になる気がするし、それをやられたとしたら、それはそれで納得行かない気分になるだろうなぁ、なんとも複雑な思い…。

【アイドルマスター】第23話「私」 【ちょいネタバレ?】

アニメ「アイドルマスター」公式サイト
http://www.idolmaster-anime.jp/yokoku/ep23.html

視聴後のツイートなど。

765プロのみんながわいわいと楽しげに過ごす日常系アニメかと思ってたら、後半が重い重い…。予想を裏切られっぱなしですよ(ほげろー氏へのRT)

S4U!でLMGを見たが、うーん、自分の中で今までとは違う位置付けになっちゃった感が…。もともと大好きな曲ではあったんだが「追加された意味合い」がなかなか重い。それを言えばreletionsもそうかもしれないなぁ、複数形である意味がようやく実感を伴って理解できたみたいな

イメージカラーが赤だから春香がリーダーだってわけじゃないよね。中心にいるのをなんとなく当たり前に思っていたけど、なぜ?という部分をきっちり描ききるためにはこれだけ重い展開が必要だったってことか。千早と違って目に見えにくかった分ヘビーだわなぁ。第二クールは舞台裏を見せるって感じ。

みんなで仲良く楽しくアイドル活動をしてトップアイドルになる。実際トップアイドルにはなったけど…という部分。それが全て揃ってこそというのが春香の願いなんだろうけど、それが叶うのか? 叶えるためには何かを犠牲にしなければならないのか?重たいこの展開で第25話で何を見せてくれるのか?

俺が知ってるアイマスが全く別の物語になっちゃってるのに、それでもまだアイマスだという凄いアニメ。錦織監督とシリーズ構成の高雄統子さんの仕事ぶりに素直に脱帽。まさかこんな展開になるとはね。正直、今週~来週の流れは第20話の千早回より気分的には重い。ちゃんとケリつけて欲しい…。

でも放送は2クール26話じゃなくて25話まで。6月に出るディスクの方で「テレビ見放映の特別回(事実上の第26話≒最終話)」収録ってのが気にかかるんだよなぁ…。第25話が尻切れで終わってディスクが出るまで半年間生殺し状態継続ってのだけは勘弁して欲しい。いくら商売でもそれはないよね?

111209_imas1_335_4s.jpg

まさか春香のこんな表情を見ることになるとは…。

ラスト二回でこの展開、錦織監督とシリーズ構成の高雄統子さんの仕事ぶりには脱帽。「俺が知ってるアイマスとは全然違うけど、でもアイマス」って素晴らしい…。

アイマスの構成要素を何一つ外さずにこれだけの仕事をやってのけるとは感服致しました。あと二回、見るのが怖いけどものすごく楽しみでもある。

半年間、本当に楽しかった。って、まだ終ってないのにこんなことは言わないほうがいいね。

| NEXT>>

Twitter
最新コメント
FC2カウンター
おすすめ商品
プロフィール

なぢ

Author:なぢ
【写真はイメージです(違)】
M4シャーマンと英米ソフトスキンをこよなく愛し散財し続けた歴史を背負っていますw

大病を患ったが改造人間となってなんとか生還(違) アイマス2のプロモを見た瞬間、心底から『生きててよかった♪』 と叫んだダメ人間ぶりは相変わらず(爆)

そしてTGS2010での誰得な発表を見て、思いっ切りモチベが下がっているのを正直に告白しよう…。

だがしかし! なんとアイドルマスターのアニメ化が発表された! 本当に生きていてよかった、現代医学よありがとう!♪

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
いつも読んでいただきありがとうございます
人気ブログランキングへ
My Favorites
Amazon検索
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。