スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【悪戦苦闘】戦いはついに終わった!【離型剤落とし】

ふぅ、最後の最後に望みをかけた脱脂剤でなんとか離型剤を落とすことに成功いたしましたっ!

苦闘10日間、長い戦いだった…w

その苦戦の歩みを振り返ってみましょうw

【第一弾】

まずはレジンキットの離型剤を落とすときに最初に持ち出すWaveのMウォッシュ。パーツ表面に塗りつけた途端に白く粉を吹いたように謎の物質が析出! これも以前に経験したことだけど、離型剤とMウォッシュの主成分であるイソプロピルアルコールが化学反応を起こしたのではないかと推測。

その白い謎の物質の組成などは皆目見当がつかないが、それ自体は油分ではないようなんだよね。この後の作業を通じても落ちることは無かったけど、それが悪さをしていたということはなさげだし。

そんな顛末はあったにせよ、実は全く歯が立たなかったw ちっとも離型剤が落ちてない!通常のレジンキットならば、Mウォッシュを筆で塗りつけてティッシュで拭き取る程度でだいたいは落ちるんだけど今回は全く効果なし。この段階で「これはいつもの様にはいかないぞ、手強いな」と悟ることとなったw

とはいえ少パーツ群を数時間浸け置きしておいたらそれなりに離型剤は落ちた様子もあるので、数時間と言わず一昼夜とか数日、あるいは一週間くらい浸けておけば問題なく落とせる可能性もある。レジンも冒さないし、最初から今までずーっと浸けっぱなしにしておいたらそれで大丈夫だったのかもしれないなーという思いもあったりw

【第ニ弾】

次に持ちだしたのは定番とも言えるファインモールドのご機嫌クリーナーなんだけど、ほぼ歯が立たず。10分程放置したあと水洗いすると驚くくらいに水を弾くw 全く効果が無いと言ってもいいくらいに頑固な離型剤だった。

そのまま水を足して煮立たせてみたらギトギトに油が浮きだした顛末は少し前のエントリーにも書いたように全く効果がないわけではない証拠だとは思う。常温常圧下で手軽に使えるという条件からは完全に逸脱してるよね。それで離型剤が落ちたわけでもないし。

自分では試していないが、超音波洗浄器と組み合わせれば効果が高まるかも知れない。

通常はこのご機嫌クリーナーだけでたいていは用が済むということを考えると「通常使われている離型剤とは組成が違う」可能性もあるだろうなぁ。

【第三弾】

次に使ったのはこれ。一部模型誌などで強力な離型剤落としとして紹介されていたKURE ブレークリーン ブレーキクリーナーをAmazonでポチって使ってみた。

結果はやはり歯が立たず。主成分はヘキサンという有機溶媒でベンジンの主成分らしい。ブレーキに付着した汚れを落とすための製品なのだからそれなりに強力なはずなのに(ベンジンの主成分ということを考えてもそれは言えるはず)アキュリットアーマーの頑固な離型剤にはほとんど効果がない。雑誌の記事によればホビーボスやトランペッターのインジェクションキットに付着した離型剤は一発で落とせるらしいので、今後はそちらに流用することとしたいw

実験したところ確かにスチロールを冒すこともないし問題なく使えると思う。その辺はイソプロピルアルコールが主成分(塗装済み完成品の塗装を落とすのにも使える)Mウォッシュも同じ。その「スチロールを冒さない」程度の溶解力では歯が立たないということなんだろうなぁ…。

【第四弾】

ジクロロメタン(メチレンクロライド、塩化メチレン、メチクロなどともいう)というスチロール樹脂を溶かすくらいに強力な有機溶媒が主成分のこいつなら行けるだろうと思って次にポチったのが、これ、タイホーコーザイのパッキンはがし

使ってみたら確かに落ちる、確かに落ちるんだが非常に使いにくい…。

増粘剤が配合されていて泡状に吹きつけられるんだが、それが離型剤成分と有機溶剤が入り混じったゲル状になってパーツ表面に残ってしまうんだよね。その後処理がとっても大変なので(水で洗ったって落ちないし、猛烈に臭い)多分もう使わないと思う。容量が多い上に安くなかった事を考えるともう少し調べてから買うべきだったと後悔している…。

【第五弾】
そして最後にいきついたのが、これ。

ジクロロメタンじゃなくて「メチレンクロライド」で検索をかけたら引っかかってきたのがこのキャブレタークリーナーという商品。商品説明や成分を見ると「うわー、強力そう、しかも身体に悪そう!」と思うこと間違いなしw 俺が買ったこれも塩化メチレン+トルエン+キシレンという組み合わせ! これ、屋内で使っちゃダメでしょ?という凶悪な面子だよねぇ…。というか、手袋&防毒面必須だろ、常識的に考えて。

さすがにこれだけの成分が入っているだけに強力なのは間違いなく、それまで歯が立たなかった離型剤がほぼ一発で落ちた! 聞くところによるとラジコンの世界(多分エンジン周りの整備とかだと思う)ではよく使われているらしい。

ただこの臭いと成分を考えると万人にお勧めはしがたいのも事実。

それにこいつが必要とされるような頑固な離型剤が付着したレジンキットは多分ほとんど存在しない。俺が遭遇したようなアキュリットアーマーの最近の製品以外にはちょっと思いつかない。実際、自分でもここまで頑固な離型剤が付着した製品は今回以外に経験したことがない。

成分を考えても屋内で使うのは自殺行為(極端だけど)だし、だからといって屋外で使ってもその臭いに周囲からクレームが飛び込んでくる可能性もあるというかなりハードルが高い代物なので、こんな凶悪なシロモノに手を出さなくてもMウォッシュ(あるいはガイアノーツのレジンウォッシュ)といった主成分がイソプロピルアルコールの離型剤落としはレジンを冒さないし、一昼夜とか数日とか様子を見ながら長時間浸け置きしておけば相当な効果はあるので、そちらをお勧めする次第です。

なお、イソプロピルアルコールはガソリンタンクの水抜き剤の主成分だということなので安くあげたい人はそちらを買ってみるのもいいかもしれません。ただ、防錆剤が悪さをすることもあるらしいので(自分では試していないのであくまで伝聞です)購入の際は純度100%に近いものにした方がいいようです。

今回の離型剤落としについてはほぼ全ての製品が有機溶媒を主成分としていますので、この記事を参考になさる場合はご使用に際して換気に充分留意し、出来ればゴム手袋・防毒面を装着して作業なされるようお願い致します。
スポンサーサイト

【悪戦苦闘】戦いは未だ終わらず【離型剤落とし】

最後の頼みの綱となりそうな塩化メチレン(ジクロロメタン)配合のパッキンリムーバーがまだ手元に届いていないので中間報告的に。

IPA(イソプロピルアルコール=レジンウォッシュ、Mウォッシュ)に数時間浸けておいたら小部品はだいたい脱脂出来た感じにはなった。別に表面を冒すわけでもないのでもっと長時間(例えば24時間とか様子を見ながら2~3日とか)の浸け置きすれば大きなパーツの脱脂にも成功するかもしれない。

塗って拭き取ればほぼ脱脂できたそれまでの経験とはかけ離れた頑固さなので、最初の段階で「長時間浸け置き」にトライしておけば試行錯誤で無駄な時間を取られることも無かったかもしれないな…。とはいえ、そのおかげでいろんな知識が増えて経験値も上がったんだからよしとしようw

とりあえず脱脂剤の利用でなんとかなりそうなので超音波洗浄器を導入する必要は無さそう。もしかするとこれとご機嫌クリーナーの組み合わせで驚くような効果があるかも知れないけど、それは誰か他の人にお任せしますw

パッキンクリーナー到着後(年内に間に合うかは微妙)、最終テストを行ってから報告します。その時に代替品とかこんなのが使えるとか、注意点とかまとめますね。模型用、あるいは産業用として使われているからと舐めてかかっちゃいけない代物みたいです、脱脂剤って…。

【承前】全然落ちてない…【頑固な離型剤】

あれだけギトギトに油が浮いてたというのに実際にはほとんど離型剤が落ちていないことに愕然とするなど。

ツイッターでいろいろと話してるうちに行き着いた仮説は

「レジンのざらついた表面に離型剤が染みこんで物理的・化学的に結合している」

というある意味では最悪の可能性w

昨日のように煮こむことで物理的(熱的)刺激を与えると化学的結合が切れてある程度は分離出来るけど、それで全てが脱脂出来るわけでもない。強力な脱脂効果がある薬剤で化学的結合を切断するか、超音波洗浄器などで物理的に刺激を与えるか、あるいはその両方の合わせ技を使うか。どちらにせよ今手元にある溶剤などでは歯が立たないのは確かなだけに、これを機会に色々と試してみたい気にはなっている。

なにせガイアノーツのツールウォッシュやラッカーシンナーで拭き取りをしてもほとんど効果がないんだもの、ここまで頑固な離型剤なんて初めてだしね。

ガイアノーツのレジンウォッシュはイソプロピルアルコール(これも脱脂剤)、アクリル接着剤はジクロロメタン(二塩化メチレン、かつてのモデラーズのスプレー式脱脂剤の成分)、それに加えて溶剤系では最も強力とされるエンジンシンナーを試してみたいところだ。それでダメなら超音波洗浄器を購入という二段構えで対処(テスト)したいと思う。

つっても、アキュリットアーマーの一部キットだけだからあまり無駄な投資はしたくないんだよねー…。

しつこい油汚れに往生してます…

喜び勇んで買い求めたアキュリットアーマーのA41(センチュリオン@セントリー作戦)改造キットとチャーチルARV Mk1改造キットの離型剤の頑固さには参った…。

以前同社のハンバーFWDアンビュランスを買った時もWaveのMウォッシュで離型剤を落とそうとしたら白く粉を吹いた事件があったけど、今回も全く同じ症状が出た。強力離型剤落としとして評判になっているブレーキクリーナーを使っても同じ、ラッカーシンナーを試してもやっぱり白く粉を吹くという惨状…。どうも離型剤とそれら薬剤が化学反応を起こしているような感じ、しかもレジン表面にすこし浸透しているようでペーパーでこすっても落ちなくなっちゃうんだよね…。

ならばとファインモールドのご機嫌クリーナーを使ってもどうも落ちが悪い…。マジックリンの漬け置きもあまり効果がない感じだし、表面の水を弾く様子を見ているとクレンザーで磨いても離型剤を落としきった感じはしないとある意味進退極まったw

最後は鍋を使ってご機嫌クリーナーに漬け置きして、それに水を加えて煮立たせてみたら「まるで豚肉を煮た時のように」油がギトギトと浮き出してきてビックリ!w

これで大部分は落とせたと思いたいが、実際にプライマーなりサフなりを吹いてからの判断だな。離型剤を落とすのにこんなに苦労したのなんて久しぶりだよ、たいていはMウォッシュの筆塗り(大きいパーツ)&漬け置き(少パーツ)で済んじゃうからね。それで塗装に失敗したこともないし。

それにしても今どきこんなに離型剤を使ってるレジンキットなんて珍しい気がする。というか、白化・析出みたいな症状が出るなんてのはアキュリットアーマーだけなんだよなぁ、相当特殊なレジンや離型剤を使っているんじゃないだろうか? その辺を問い合わせてみたいが、俺の錆びついた英語力では無理難題だな…w

そうそう、今回の2つのキットに限らず粉を吹いたキットのレジンの材質がほとんど柔軟性がない硬さの、少し透明感が残る濃いグレーのレジンだった20年位前のAir Modelのキットによく似てる事に気づいた。そういえば当時のキットもなんとなく表面がザラザラしていて粉を吹いたように白くなってたパーツもあったっけ…。

もしかしたら同じレジンなのかもしれないなぁ。以前のアキュリットアーマーのキットは薄いグリーンの多少柔軟性があるレジンだったり、グレーの柔らかめのレジンだったこともあるし、何年かごとに使うレジンを変えてるのは間違いないので、数年後には同じ製品が違うレジンで注型されるようになるんじゃないかなぁ? それがいつになるかは分からないので「それまで待つ」ってのはちょっと難しいけどw

祝! 復活、Tiger Model Design

今年の1月に急に店をたたんだTiger Modelが New TMD として復活!w

カタログがえっらく見にくいけど、従来のラインナップは完全に引き継いでる感じ。

ここまでの色んな顛末は主宰者のJoe Bakanovic が「燃え尽きて」一時的に身を引いて兄弟に経営を任せていたのが、なんやかんやあってまた復活したということらしい。

ここじゃないと手に入らないシャーマン用のディティールアップパーツやその他もろもろの製品群が再び手に入るようになったのは実に喜ばしい。

ただ、商品ラインナップがものすごくニッチなせいか、国内流通はまず見込めない(誰も代理店になりたがらないw)ので、欲しい人は直接通販でということになる。Tiger Modelの時代はかなり問題があったがその辺改善されるといいのだが…。
(実は旧TMD時代から頼んだはいいがなかなか送ってこないとか問題はあった)

まぁ、とにかく復活は喜ばしいことである。

| NEXT>>

Twitter
最新コメント
FC2カウンター
おすすめ商品
プロフィール

なぢ

Author:なぢ
【写真はイメージです(違)】
M4シャーマンと英米ソフトスキンをこよなく愛し散財し続けた歴史を背負っていますw

大病を患ったが改造人間となってなんとか生還(違) アイマス2のプロモを見た瞬間、心底から『生きててよかった♪』 と叫んだダメ人間ぶりは相変わらず(爆)

そしてTGS2010での誰得な発表を見て、思いっ切りモチベが下がっているのを正直に告白しよう…。

だがしかし! なんとアイドルマスターのアニメ化が発表された! 本当に生きていてよかった、現代医学よありがとう!♪

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
いつも読んでいただきありがとうございます
人気ブログランキングへ
My Favorites
Amazon検索
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。