スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タミヤM10迎撃の準備はできた」とどっかで聞いたようなセリフが…

すでに大いに盛り上がっているタミヤM10発売の報を受けて、10年来の苦労の産物であるAFVクラブのM10を完成させるべく努力を重ねていたw いや、タミヤから出ちゃったらもう作るモチベを維持するとか難しいと思って…。

で、とりあえず形になったのでまずはツイッターで報告してみた。











もう機銃もつけたしグローサラックのボスも付けたし、後は塗るだけ。とりあえず迎撃準備は出来た感じだw
スポンサーサイト

【画像】M10駆逐戦車写真集w【ピンぼけ】

ピンぼけな上に背景もデタラメなM10駆逐戦車、製作途中の写真をうpw

大昔にニフティのブログに製作記書いてたっけな。

M10_02_201510041306272ad.jpg
これがボスの上下間隔を修正後の写真。この不揃いに見えて実は規則的な比例的な位置関係を割り出すまでに10年もかかってるとか、結構笑えない。気がついてみればごくごく単純なことだったのにね。

M10_01_201510041306267ce.jpg
砲塔は30年前に加工した太古のタミヤ製M10の物。前後左右の幅詰めにカウンターウエイトの小型化、砲塔天井前半の加工をやった上でAFVクラブの防盾 と車内部品を組み付けてある。

M10_03_20151004130629fda.jpg
レジェンドの荷物セットを砲塔周りに積むとこんな感じ。

M10_09.jpg
右舷側のボスの配置もアンテナポストの位置から見て多分これでほぼ間違っていないはず。寸法的には1mm前後のズレはあるかもしれないけれども。

レジェンドの荷物セットをエンジンデッキにも積んで完成後の姿を想像してみるw

M10_15.jpgM10_12.jpgM10_11.jpg
左右でグローサーラックの位置を変えても取り付け穴とボスの位置は一致していて、苦労が報われた感じがして大変嬉しいw

M10_13.jpgM10_16.jpgM10_14.jpg
デフレクターはアカデミーのキットから流用。ちょっと大きすぎるような気もするが今更修正する気は起こらない…。

ここまで出来ても、まだまだやることが多くて完成までの道のりは決して短くはないのだった。

二度とこんな苦労はしたくないので、タミヤに早く出してもらいたいよw

思い出したようにM10駆逐戦車についても

まとめておこうかと。今年の2月辺りにかつていじり倒して10年近く放置したままだったAFVクラブのM10を再開して、だいたいの目処はついたんだけどもブログのエントリーにもしてなかったしTogetterでまとめてもいなかったので。

あのキットの欠点としては砲塔形状の誤りと増加装甲取り付けボスのデタラメな間隔が挙げられるが、その辺の修正方法も紹介しつつ。











AFVクラブの砲塔は全体形状やら寸法やらに問題がありすぎるので、大昔に(ほぼ30年前)にPANZERの記事を参考にして改造した「遥か太古のタミヤM10砲塔」をベースにしている。その時は砲塔天井前半部の形状がよく分からなかったが、ググって見つけた製作記事と実車写真を参考にして「30年後に」なんとか正しく修正できた。

実に長い間苦労してるんだよねぇ、このM10駆逐戦車に関しては…。

ここまで来るとなんとか完成させてやりたいものだが、二度とはやりたくないので是非タミヤから完全新金型で発売して欲しいところである。















計算だけでほぼ満足の行く結果が得られたのが一大成果。グローサーラックの取り付け穴の間隔が比例関係にあるんじゃないか?と気がついたのが転機になった。まさかそれがドンピシャの正解だとは思いもよらず。それで一気に勢いがついたのは確か。

その昔、タミヤがM1を出した時に砲塔形状を計算だけで算出したなんて話がタミヤニュースに載っていたが、それに匹敵する驚きだったりするw

















車体についてはAFVクラブ(実は寸法・形状的に非常に正確である)を基本にして、操縦手ハッチ周りを改造するのが面倒だったので多少はマシだったアカデミーの天井をはめ込んでいるが、後のM36ではその辺りが修正されているのでそちらを使う方が楽。

それでもあれやこれやと手間がかかるので、現段階では「よっぽどM10が好きじゃなければお勧めは出来ない」キットと断じる他はないのがつらいところ。

生存報告!w

3ヶ月も更新を放置して、ツイッターのウィジェットを貼り付けただけでお茶を濁しただけで何をやっていたかといえば…

模型作ってました!w

その成果の一端を披露しておきましょう。

やっつけたのはタミヤのマークIV菱型戦車とドラゴン・ブラックラベルのM6A1。菱型戦車は8月22日に仕上がり、M6A1は今日仕上がりました。つっても、デカール貼ってなかったりウェザリングがまだだったりと「ホントの完成」まではもう少しの段階。

というわけでお写真を。

タミヤ 1/35 マークIV戦車
R0011037.jpg
R0011047.jpg

ドラゴン ブラックラベル 1/35 M6A1重戦車
R0011079.jpg
R0011077.jpg
R0011081.jpg

最後に完成したのが2000年1月のキヤコン合わせのM12自走砲、それから14年、21世紀になってから初めての完成品と言ってもいいものが「2ヶ月の間に2つ」も出来上がりました!

まさに快挙w!

オッターLRC模型化の歴史w

新年初エントリーですm(_ _)m

つい先日Mirror Modelsのインジェクション製オッター軽偵察車を購入したので、ふと昔を振り返ってみたくなったw
多分1/35で模型化されたのは全部買ってると思うんだよね、俺…。ある意味では「模型の歴史を背負ってる」アイテムじゃないかなぁと思ってもみたりw

といことではじまり~w

1984年末~1985年前半?
創刊間もなくのモデルグラッフィクス誌上で「MAX模型から発売されるはずだったキットの箱絵」が公開される。大塚康生さんの連載だったんだけど記事名は失念。確認したくてもその当時のMGは全部放出しちゃってので無理…。ご教示いただけるとありがたいです。

それとほぼ同時に嘉瀬翔さんによるスクラッチ記事があったと思ったんだけど、掲載号は不明。こちらもご存じの方がいたらよろしくお願いします。

オッター軽偵察車についてのまとまった資料は当時はその記事しかなかったんじゃないかなーと。

1990年代末~2000年代初頭
アメリカのコマンダーモデルとオランダのスケールラインからレジンキットが発売されたのがこの頃。確かコマンダーのキットのほうが先に出たと思う。キットの出来はコマンダーの方は絶句するほどの注型精度でとてもじゃないが組めるようには見えず…。当時のコマンダーのキットは本当に箸にも棒にもかからないような出来だったよなぁと語り継がれるべきw

スケールラインの方は多少マシだったけど車体がレジンのムクでまるで文鎮w 足回りの省略もすごくてまともに作ろうと思ったらMAX/トミー/イタレリのCMPからシャシー一式を流用する必要があった。自分が買ったのはレジン一体の車体上部の各面が膨らんでて使い物にならなかったので、買ってそのまま押入れのコヤシになりましたとさ…orz

2012年
かつてレジンのゴミという代名詞を奉られていたコマンダーモデルから完全改訂版のレジンキットが発売される。以前の製品に比べると品質はめざましく向上しているが、現代の水準から見ると「なにこれ、古くさーい!」と驚くような手流し注型! 前世紀のガレージキットの一典型といった雰囲気もあるw 部品精度はそこそこでなんとか形にはなりそうだけど「これはとても無理だな」というほど合わせの悪いパーツもある。

値段もそこそこするし、最近円安に振れてるし、ミラーからインジェクションキットが出た今となっては意味が無いキットになっちゃった感満載。出るのが分かってて買った俺も相当だけどさw

そして年末にはミラーからインジェクションキットが発売。半ばガレージキット的なノリでフェンダーをエッチングを折り曲げて作れとなにげにハードルが高いw それでも今まで出たいろんなキットよりはずっと優れてると思うので、いろんな意味で作るのは大変だろうけど現状ではこれ一択という結論になりますな。

そうそう、近日中にCapricorn Publicationsからモノグラフが出るので、資料もそれ一択かな? 生産国カナダのService Publicationsからも資料が出てるけど国内流通はほとんどしてないし無理に購入する必要はないかも?

しかし、このところ英軍アイテムのキット&資料の充実ぶりがすごいよなぁ。このままで行くとリンクス・スカウトカーもまず間違いなく出るね♪
(出すのはミラーだろうね)

| NEXT>>

Twitter
最新コメント
FC2カウンター
おすすめ商品
プロフィール

なぢ

Author:なぢ
【写真はイメージです(違)】
M4シャーマンと英米ソフトスキンをこよなく愛し散財し続けた歴史を背負っていますw

大病を患ったが改造人間となってなんとか生還(違) アイマス2のプロモを見た瞬間、心底から『生きててよかった♪』 と叫んだダメ人間ぶりは相変わらず(爆)

そしてTGS2010での誰得な発表を見て、思いっ切りモチベが下がっているのを正直に告白しよう…。

だがしかし! なんとアイドルマスターのアニメ化が発表された! 本当に生きていてよかった、現代医学よありがとう!♪

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング
いつも読んでいただきありがとうございます
人気ブログランキングへ
My Favorites
Amazon検索
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。