スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤの?号戦車が盛り上がってないようです

まぁ、ある意味では予想されたことかもしれない…。

今さら二号戦車でもないよねってのが正直な感想。所詮は自らの過去に対していのオマージュでしかなく、縮小再生産そのもという見方も出来るし、そういう意味においては実に閉塞的というか、その「表象」ではあるよねぇ。

2ちゃんねるを見てても、あの「何でも食いつく」ドイツ戦車ファンがスルー気味だもの。あるいは微小な欠点をあげつらってダメダメキットとレッテルを貼るいつもの書き込みしか見られない。実際は売れてるのかもしれないけど、自分は最近全然模型屋行かないし、その辺の事情はちょっと分からないね。

なんていうのかなぁ、やっぱり「タミヤ神話」ってのはすでに「メディアに関わる人間の心の中」にしかない代物なんだなぁって思ってもみたり。だからこそ「神話」なんだけどね…。その「神話」ってのは、メディア(の一部)によって語られてるだけで、実はもうモデラーの心に響くことは無いのかもしれないね。

なぜここで?号戦車なのかってのを考えると、「シャールB1の失敗」ってのが原因じゃないかと考えることも出来るかもしれない。

シャールB1は俺は35年間待ち続けたんだよ?(爆)

でも、それを模型メディアはサラっと「フランス戦車だしねー」で軽くスルーしちゃった感じがする。まぁ、AMでは特集を組んだけど、それはあくまで「模型を作る」という一種のハウツー記事にしか過ぎなかったし、あれをタミヤが出した「意味」まで深読みはしてないように思った。あの後のルノーUEにしたって「ああ、タミヤってやっぱ凄いな」って再認識させられるような出来だったのにね、なんか扱いが軽い…orz
(無神経な突き出しピンの跡のことは、このさい置いておくとして[E:sweat01])

あの路線を出したってことは、タミヤからの一種のメッセージだったんじゃないかと解釈出来ると思うんだよね。極端に言えば<strong>「ドイツ戦車厨、実車忠実厨との決別」</strong>のようにも思える。でも、結局はそれが伝わらなくて、あるいは伝わってしまったがゆえにかも知れないけど、商売としては誤算だったんだろうと思う。だから、結局は「過去へのオマージュ」としての二号戦車を出さざるをえなくなったように見えるってのは悲しいねぇ…。

結局は自らの過去に呪縛されちゃったメディアとそのメディアを無批判に受け入れて奇形化しちゃった「ドイツ戦車マニア」自らがやっぱり閉塞状況に追い込んでるように思う。「キットが出ること=繁栄」じゃないんだよね、今の状況ってのはメーカーとメディアが仕組んだ「欲望刺激システム」に乗っかってるだけだし、ある意味での自転車操業だと俺は思ってる。人数が一番多くて声も大きくて、でも一番「マニアックな」連中を相手に商売をする難しさなのかもしれない。それはメディアにとってもメーカーにとっても自縄自縛状態でしかないように思う。

まぁ、あの掲示板が「最大公約数」だとは思わないけど、「最小公倍数」的な意見や空気は垣間見えるんじゃないかと思うしね。あれを正しいと思っちゃうと道を間違うから気をつけないといけないけどね(汗)
スポンサーサイト

Twitter
最新コメント
FC2カウンター
おすすめ商品
プロフィール

なぢ

Author:なぢ
【写真はイメージです(違)】
M4シャーマンと英米ソフトスキンをこよなく愛し散財し続けた歴史を背負っていますw

大病を患ったが改造人間となってなんとか生還(違) アイマス2のプロモを見た瞬間、心底から『生きててよかった♪』 と叫んだダメ人間ぶりは相変わらず(爆)

そしてTGS2010での誰得な発表を見て、思いっ切りモチベが下がっているのを正直に告白しよう…。

だがしかし! なんとアイドルマスターのアニメ化が発表された! 本当に生きていてよかった、現代医学よありがとう!♪

カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
いつも読んでいただきありがとうございます
人気ブログランキングへ
My Favorites
Amazon検索
リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。